カテゴリ:似顔絵の描き方( 1 )

似顔絵の描き方

最近「似顔絵はどういう風に描くんですか?」と聞かれたので、
きくちなりにまとめてみました。
(あくまで私の描き方なのでその辺をご理解ください)

●下描き
雑誌などを見ながら下描きします。
(写真のトレースはしてません)
d0064916_10285517.jpg

だいたい、顔の輪郭→目→鼻→口 って感じで描きます。
コンピュータで微調整をするのですが、
“髪にかかる目”とかは後々めんどくさくなるので
慎重に描きます。
(目の微調整で髪まで動かしてしまう可能性があるので…)


●トレース(ペン)
下からの光で鉛筆描きを透かして、ペンでトレースします。
d0064916_1034966.jpg

昔は“ライトボックス”を使っていたのですが、
まず、位置が高いのと、そのライトボックスの性能が悪く、
圧力をかけると電気が消えるといういやな性能(笑)
を持っていたので「ライトシート」なるものを買いました。
厚さはわずか4mm! とっても便利。
d0064916_10395427.jpg

なんでトレースなのかというと、単に消しゴムがけが苦手
というのがあります。
せっかちなので、すぐにインクをずってしまうのです。
(重複している線を選択するのが苦手っていうのもありますが…)


●スキャニングして彩色を開始!
フォトショップで「明るさ コントラスト」でメリハリをつけて
(いっぺんにやると失敗するので少しずつやってます)、
白い部分を消して線だけ残します。
レイヤーを作り彩色開始。
ほとんど肌から彩色を始めます。
まずはベタ 一色で塗ります。(肌の中間色あたり)
d0064916_10425150.jpg

そのあと濃い色を作り大きい筆のサイズで大まかに塗ります。
d0064916_1044973.jpg

少しずつ濃い色にしていき、小さい筆に変えていって塗ります。
d0064916_10453068.jpg

完成したらレイヤーを分けて違う所も彩色していきます。
名前はダイレクト、しかもひらがなで「はだ」とか「めくち」とか
「かみ」とかしてます。アクセサリーがないなら、あと「ふく」
というレイヤーをつくり、「せん」レイヤーを含めて5つぐらい
のレイヤーでやってます。
(あんまりレイヤーを作ると重くなるし…)


○顔アップ
d0064916_1050556.jpg

顔のしわはあんまり描きたくないのですが、
その人の印象とあらば描きます。
男の方は気にせずにバシバシ描きます。


○目アップ
d0064916_10513875.jpg

目にも力を入れてます。
意外と忘れる眉毛の後ろの色もほんのりとつけます。
(濃さアップw)


●完成!「小池徹平さん」
d0064916_10544977.jpg

(なんだか途中行程をすっ飛ばしたような気が…)

こんな感じで描いてます。
こんなんでよければ参考にしてください。

☆有名人さんの似顔絵をたくさん(?)描いている別館
 
 似顔絵の部屋もよろしくどうぞ☆
[PR]
by kikuti_kikuti | 2006-10-09 10:55 | 似顔絵の描き方